前へ
次へ

中国に派遣されることになりました

私の会社では中国工場を協力工場に指定し、商品の供給をしてもらっています。
日本産はどうしても高くなるという経緯から、海外生産の拠点として、利用しています。
自社工場はコストがかかるため、まずは、委託して生産をしてもらっているのです。
新製品を立ち上げるときには、指導役として私が派遣されることになりました。
どんな人達なのか、わからず、生産設備の状況もわからなかったため、かなり不安でしたが、優秀な通訳のおかげで、なんとか生産にこぎつけることができました。
派遣された人は一名だけだったため、原料確認から生産確認、さらには出荷全般まですべての確認はとても大変でしたが、ある意味全部のことに関わったおかげで、非常に勉強になりました。
その時から、何買った時の中国への派遣については、私が担当者として指名されるようになり、周りからはそれなりに仕事ぶりを認められていると感じるようになっていて、やりがいも感じています。

Page Top